クララスティルは安全なの?

ドッグクララスティルを使うという場合に、気になることってたくさんあると思います。
その中の1つが「安全なのか?」ということだと思います。
実際にはどうなのでしょうか?
安全性というのは、保障されているものなのかっていうことは、とても大事なことだと思います。
特に犬ですから、言葉を発することが出来ません。
具合について聞くことが出来ないので、困ると思います。

全ての責任は飼い主さんにあります。
そうなると、ちょっと考えてしまうこともあるのではないかなと思います。

ドッグクララスティルの成分は複合アミノ酸です。
体内で生成をすることが出来ない種類のアミノ酸なのです。
アミノ酸だから、体への害はありません。
安心して使うことが出来ると思います。

点眼をすることで白内障に効果がある「カルノシン」に変わるというものなので、とても安全なものなのです。

ポピュラーな薬であれば、安心して使うことが出来るのかもしれません。
あまり縁のない、聞いたことのない薬だと安全性に不安を抱えるのは当然のことなのかもしれません。
でもドッグクララスティルが比較的新しい薬で、使用をしたことがある人がまだ少ないっていうことが不安になる要素だと思います。
成分に関しては安全性は保障されています。

クララスティルは特許承認済み?

ドッグクララスティルと人間のためのクララスティルっていうのは、非常に似ています。
点眼薬の成分も同じです。
特許承認に関しても、申請中であり、まだ日本では承認されていません。

EU諸国ではすでに安全規格のCEマークを取得しています。
アメリカでもすでに特許承認はされています。
日本ではまだ特許申請中なのです。
ですから、将来的には特許承認はされるのではないかなと思います。

日本でのドッグクララスティルは、まだ販売されて日が浅いですし、そんなに多くの飼い主さんに認知されているものではないのです。
動物病院でも薦めているところは少ないのではないかなと思います。
ですから、どうしても特許申請も遅れてしまっているのではないかなと思うのです。

より多くの飼い主さんが必要として、使われることができたら、特許承認もされると思います。
また、獣医師の中には、まだまだドッグクララスティルのことを知らないっていう方もいらっしゃるのではないかと思うのです。
そうなると、どうしても世間への認知度っていうのも低くなってしまうのではないかと思います。
もっと多くの人に知ってもらいたいものでもありますし、体への負担が少ないドッグクララスティルは利用されるべきなのではないかなと思います。

クララスティルって医薬品なの?

では、ドッグクララスティルというのはどういう位置づけがされているのでしょうか?
医薬品なのでしょうか?
それとも医薬外品なのでしょうか?

これはちょっと難しい判断だと思います。
ただ、一般的にはサプリメントと同じ分類だと考えておくといいのではないかなと思います。
サプリメントは医薬品ではありませんが、医薬品のような役割を持っているものもあります。
摂取をすることで、健康の維持の助けになるっていうこともあると思うのです。
ドッグクララスティルもそのサプリメントと同じだと思っていていいのではないかなと思います。

医薬品のように、必要な時にだけ使用をしていればいいというものではありません。
継続して使う必要があるのです。
継続をして使うことによって、初めて効果を得ることが出来るものなのです。
ですから、使用を停止してしまうと、そこでまた白内障の症状が出てしまうというものなのです。

サプリメントも同じだと思います。
劇的な変化はありませんが、段々と変化を見ることが出来るというものでもあると思うのです。
そういう意味で医薬品ということは出来ないのではないかなと思います。
使用を続けることで効果があるものということなので、サプリメントと同じ分類になるのだと思います。