犬が白内障になる原因

犬が白内障になる下人はいくつかあります。
ほとんど人間の場合と同じということが出来ます。

1つは高齢に伴う白内障です。
この仕組みは人間の場合とまったく同じなのです。
年齢とともに眼の中の水晶体が濁ってきてしまうということなのです。

そして先天性の白内障。
これは犬種によってもかかりやすいものをかかりにくいものがあります。
ただ人間と同じように個人差があります。
ですから、かかりにくい犬種だから大丈夫という保障は全くありません。
そういうことをちゃんと理解しておいたほうがいいと思います。

それから、他の病気が原因になっている場合の白内障というものもあります。
これも糖尿病が原因ということもあります。
犬だって当然糖尿病になります。
飼い主さんが食生活などに注意を払っておかなければいけないのです。

外傷性の白内障もあります。
何かの拍子に眼に傷がついてしまうことで白内障になることがあります。
そういうことが起きないように、十分な注意が必要になってくると思います。

白内障は急に発症するのではなく、段々と症状が出てくる病気です。
命取りになるような病気ではありませんが、飼い主さんの注意というのも必要になってくるのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です