犬の白内障の治療方法

犬の白内障の治療は人間とほぼ同じ方法が取られています。
しかし、手術ともなると少し変わってきます。
人間の白内障の手術の場合には、局所麻酔で日帰りで行うことが可能です。
でも犬の場合には、局所麻酔が出来ません。
ですから、犬の白内障の手術はとても難しく、対応をしてくれる動物病院も少ないのが事実なのです。

一般的には、「様子を見る」「経過観察」ということは多いのです。
それだけ犬の白内障は難しい病気でもあります。
すぐに対応をしないのには、ちゃんとした理由があるのです。

私の身内にもミニチュアダックスを飼っていて、高齢になってきたのですでに白内障になり、今はほとんど眼が見てていないという子がいます。
でも何もしていないんだそうです。
それは犬が視覚には頼らず、嗅覚に頼って生きているということが大きいのだと言われています。

白内障は命に関わるような病気ではありません。
ですから、体力を消耗してしまう外科的手術よりも、ストレスもかからない方法をとるということが多いのではないかなと思います。
今は新しい治療方法もどんどん開発をされてきて、より進んだ治療方法というのが段々使われてきているようでもあります。
ただ対応をしてくれる動物病院が少ないことも事実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です