クララスティルはなぜ効くの?

ドッグクララスティルはどうして、犬の白内障に効くのでしょうか。
それには犬の白内障についての説明も必要になってくると思います。
この仕組みは人間の白内障と同じです。

高齢の犬も人間と同じで白内障にかかりやすいです。
これは加齢とともに体内にある、天然酸化防止剤である「カルノシン」が不足してしまうのです。
この「カルノシン」が不足すると、眼の中の水晶体が傷つき、濁ってきてしまうのです。
これが白内障なのです。
ちょうど、すりガラスをイメージしていただくと分かりやすいのではないかなと思います。

ドッグクララスティルはこの「カルノシン」を補充する役割を果たしてくれるのです。
ただ、「カルノシン」を点眼するのではなく、化学合成によって作られる「Nアセテルカルノシン」という複合アミノ酸を含んでいるのです。
この「Nアセテルカルノシン」は体内で生成することが出来ません。
よって、ドッグクララスティルに「Nアセテルカルノシン」を含み、これを点眼すると、自然に「カルノシン」が発生するのです。

すりガラスになっているものを「カルノシン」によって普通のガラスに変えるというイメージだと思います。
洗剤とは違いますし、すりガラスを普通のガラスに変えるためには特殊な物質が必要ということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です