クララスティルって医薬品なの?

では、ドッグクララスティルというのはどういう位置づけがされているのでしょうか?
医薬品なのでしょうか?
それとも医薬外品なのでしょうか?

これはちょっと難しい判断だと思います。
ただ、一般的にはサプリメントと同じ分類だと考えておくといいのではないかなと思います。
サプリメントは医薬品ではありませんが、医薬品のような役割を持っているものもあります。
摂取をすることで、健康の維持の助けになるっていうこともあると思うのです。
ドッグクララスティルもそのサプリメントと同じだと思っていていいのではないかなと思います。

医薬品のように、必要な時にだけ使用をしていればいいというものではありません。
継続して使う必要があるのです。
継続をして使うことによって、初めて効果を得ることが出来るものなのです。
ですから、使用を停止してしまうと、そこでまた白内障の症状が出てしまうというものなのです。

サプリメントも同じだと思います。
劇的な変化はありませんが、段々と変化を見ることが出来るというものでもあると思うのです。
そういう意味で医薬品ということは出来ないのではないかなと思います。
使用を続けることで効果があるものということなので、サプリメントと同じ分類になるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です