我が家のメス犬パピヨン(満10歳)の乳首の真横に、乳首の半分位のしこりがあります。こりっとしてて見た…

我が家のメス犬パピヨン(満10歳)の乳首の真横に、乳首の半分位のしこりがあります。こりっとしてて見た目も皮膚がもりあがってます。イボやおできみたいに外から出来たものではないです。乳がんでしょうか。2ヶ月前、検診で血液検査と触診してもらってるのですが、その時は医師に何も言われず、安心していて私自身は日々の触診をしておりませんでした。かりに乳がんだったとして、2ヶ月でできるものなのでしょうか?医者が見落としたということはありますか?また、乳がん以外でこのような症状の病気はありますか?医者に行くまで心配で仕方ありません。お願いします。ご意見きかせてください。

こりっとしているのであれば、乳腺腫瘍の可能性は高いと思いますが、乳ガン(悪性腫瘍)かは分かりません。(ぷにっとしていたら、ただの脂肪の可能性もありますが)急激に大きくなったのであれば、悪性の可能性は高まりますが、何ヵ所が出来ることが多いので、何とも言えません。血液検査の結果の有効期間は1週間程度ですので、2ヶ月前の段階では健康だったというだけに過ぎません。乳腺腫瘍も、始めは目に見えないくらいの大きさです。2ヶ月前にあったとしても、指では触れない大きさだったのかもしれません。獣医さんによりますが、疑わしきは手術で切除して病理検査に出す(良性か悪性かが分かります)、のが乳腺腫瘍の場合は多いと思います。悪性だった場合を考えて、腫瘍より少し大きめに皮膚を切り取りますが、その腫瘍を取ることによって、今まで目に見えなかった腫瘍が急激に大きくなることもあります。もちろん獣医さんの経歴でそこまで考慮して手術しますが、一度では取りきれないこともあります。また、今の大きさでは考えにくいですが、すでに肺に転移していた場合は、切除しても完治は難しいので、積極的に手術はしません。恐いことばかり書きましたが、まだ小さくて一つだけの様ですし、まず腫瘍の中身を顕微鏡で見て(行ってすぐその場で出来る検査です)、怪しい細胞等があれば手術を検討、って感じだと思います。よい結果でありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です