ドッグクララスティルとクララスティルって何が違うの?

白内障治療に注目を浴びている目薬 クララスティル、御利用中の方々も多くいらっしゃると思いますが、よくこんな疑問を耳にします。

クララスティルとドッグクララスティルの違いってなに?

クララスティルには人用と犬用に種類が分かれておりますが、その具体的な違いってなんなのでしょうか

こちらでお調べした結果をご紹介しようと思います。

実際のところ、、、、

違いはございません。

といっても誤解しないで頂きたいのは、成分としてはという意味です

人間の目と犬の目の構造は非常に似ている部分が多く、人用のクララスティルでも

犬に目にも効果があうということがわかっております。

つまり、どちらに使用しても問題はないということです。

しかし、注意しなければいけないことはございます。

容量用法についてです。

ドッグクララスティルは1日に1滴ずつを2回、計4滴です。

人間用は1日に2滴ずつを2回ですので計8滴となります。

人間と犬では大きさも違いますので、こちらは注意が必要ですね。

犬の白内障の治療薬に、、、ドッグクララスティル

 

ドッグクララスティルの口コミ情報

ドッグクララスティル利用者の声~

本日もサイトに訪問して頂きましてありがとうございます。

今回はドッグクララスティルを利用している方々の

声をご紹介させて頂きたいと思います。

では、実際にドッグクララスティルをご利用している方々の声をご紹介いたします。

(その1)

犬3

(使用して7ヶ月程度)

実際に身体に使用することもあり、副作用を心配しながら使用しておりましたが

5ヶ月程度から濁りがとれてきました。

サイトにも記載されている通り、目立った副作用なども現れず、安心して使用しております。

(その2)

犬5

(使用して9ヵ月)

クララスティルを使用してから、散歩など連れていくのも楽になり、楽しく生活できております。
うちの愛犬は目薬を使用する際に動き回ってしまうので、苦労する点もありますが、これからも今期強くクララスティルを使用していきたいと思います。

(その3)

犬6

(使用して5ヶ月)

愛犬が白内障にかかってしまい、カリーユニ点眼薬などを使用して、治療を試みておりましたが、進行を遅らせる程度のものとの見方もあり、治療法を模索しているうちに出会ったのがクララスティルでした。
完治するまでには至っておりませんが、ひどくなることもなく、徐々によくなっているようですので、これからも使用していきたいと思います。

ECマーク取得 ドッグクララスティルはこちら